ツムラ23当帰芍薬散エキス顆粒(医療用)42包(2週間分)

冷え性、貧血、だるさ、月経不順、生理痛、虚弱体質の方に

23

3,275円(税込)

定価 3,275円(税込)

購入数

商品説明

処方名:当帰芍薬散
読み仮名:とうきしゃくやくさん

  • ツムラ当帰芍薬散エキス顆粒(医療用)は、比較的体力が乏しく、冷え症で貧血の傾向があり、疲れやすい方に用いられる漢方薬で、月経不順、月経異常、更年期障害などの症状でお悩みの方に効果があります。
    足腰の冷えや腰痛といった症状にも用いられます。
    特に「お血による冷え」を解消するのが、当帰芍薬散の最大の特徴です。

  • 昔から当芍美人という言葉があるくらいで、色白やせ型なで肩で冷え症の虚弱タイプに用います。
    冷え症で、貧血の有無にはあまりこだわる必要はありません。
    • 産前(妊娠中)産後の保健薬、早流産の予防薬などに使用。

    • 浮腫のために足が太く、お尻が大きく筋肉が軟弱で疲労感を訴える方。

    • 冷えると小便の回数が多く膀胱炎になりやすい方。時にはむくむことがある方。

    • 生理痛、生理不順、腰痛、下腹部の不快感を訴える方。

    • しみ、ニキビのできやすい方。

  • 本剤は、漢方の古典「金匱要略(きんきようりゃく)」後漢時代収載の処方に基づいて作られたエキスを、飲みやすく錠剤または顆粒剤としたものです。
  • 本方は6種類の生薬から成り、主薬である当帰、芍薬の名をとって方剤名とされました。


  • 主治

    肝鬱脾虚(月経困難症)
    • 適応症:自律神経失調症、更年期症候群(頭重、頭痛、めまい、肩こり等)、貧血、月経不順、浮腫、慢性腎炎、習慣性流産、妊娠浮腫、月経困難、不妊症、動悸、脚気、半身不随、心臓弁膜症、心臓衰弱、腎臓病、産前産後あるいは流産による貧血症、痔核、脱肛、つわり、月経痛、更年期神経痛、にきび、しみ、血圧異常、耳鳴り、ヒステリー、妊娠腎、帯下、冷え症、腰痛、坐骨神経痛、各種婦人科疾患の補助療法、産前産後あるいは流産による障害時の疲労倦怠、回復促進、足腰の冷え症、しもやけ、子宮内膜炎、流産予防、妊娠中毒症の予防、妊娠腎、萎縮腎、肝斑、湿疹、パセドー氏病、不整脈、高血圧、低血圧、婦人血の道症。


    次の症状のいくつかある方は、当帰芍薬散が良く効く可能性が大きいです。


    効能・効果

    比較的体力が乏しく、冷え症で貧血の傾向があり疲労しやすく、
    下腹部痛、頭重、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸などを訴える次の諸症:
    月経不順、月経異常、月経痛、足腰の冷え症、更年期障害、産前産後
    あるいは流産による障害(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ)、頭重、肩こり、腰痛、しもやけ、むくみ、しみ。

    成分

    主薬の当帰と芍薬をふくめ、下記の6種類からなります。
    当帰と川キュウには、血行をよくして貧血症状を改善し体をあたためる作用があります。芍薬は、生理痛や肩こりなどの痛みをやわらげる生薬です。また、蒼朮と沢瀉、茯苓は、漢方の代表的な利尿薬でむくみ症状を改善したりします。これらが一緒に働くことで、よりよい効果を発揮します。
    本品7.5g中、下記の割合の混合生薬の乾燥エキス1.75gを含有します。


    日本薬局方 シャクヤク(芍薬)…4.0g
    日本薬局方 ソウジュツ(蒼朮)…4.0g
    日本薬局方 タクシャ(沢瀉)…4.0g
    日本薬局方 ブクリョウ(茯苓)…4.0g
    日本薬局方 センキュウ(川キュウ)…3.0g
    日本薬局方 トウキ(当帰)…3.0g



    使用上の注意

    妊娠・授乳中の女性
    • 安産の薬、安胎薬として、妊娠時にもよく用いられます。
    • 切迫、流・早産の下腹部痛の場合に使用されます。
    • 妊娠中の貧血の場合によく使用されます。


    おまとめ買いの場合は、
    ツムラ23当帰芍薬散エキス顆粒(医療用)189包(63日分)販売価格13,132円(税込)をおすすめいたします。
商品名ツムラ23当帰芍薬散エキス顆粒(医療用)42包(2週間分)
適応症冷え性、貧血、だるさ、月経不順、生理痛、虚弱体質の方に
販売価格

3,275円(税込)

定価 3,275円(税込)