ツムラ7八味地黄丸エキス顆粒(医療用)42包(2週間分)

生命力の源「腎」の気を補う老化予防の妙薬

7

3,275円(税込)

定価 3,275円(税込)

購入数

商品説明

処方名:八味地黄丸
読み仮名:はちみじおうがん

精力減退・目のかすみに!夜間尿・下半身の脱力感に!
●ツムラ八味地黄丸エキス顆粒(医療用)は、腎気を補う漢方薬として用いられ、尿の出が悪くなったり、夜間よくトイレに起きたり、また足腰が痛むとか目がかすんで小さな文字が読みにくいなどの症状に効果があります。
●腰から下がだるい方の漢方薬です。その状態は冷える(足の裏はほてることもある)ことと、重だるいことが特徴です。冷えのために夜中に度々トイレに行く人には特に良く効きます。
●漢方医学に腎気(じんき)という言葉がありますが、これは人間のからだの働きのもとになるエネルギーといえるもので、からだのみずみずしさや活力の源になると考えられています。この腎気が中年以降になると徐々に失われ(腎虚といいます)、いわゆる老化現象があらわれるようになります。

●本剤は、漢方の古典「金匱要略(きんきようりゃく)」後漢時代収載の処方に基づいて作られたエキスを、飲みやすく顆粒剤としたものです。
●8種類の生薬から成ることを八味と表現し、地黄を主薬とするので、八味地黄丸と名付けられました。八味丸、八味腎気丸、金匱腎気丸などと呼ばれることもあります。
●体力が弱い中年以後の老齢者の下肢痛・腰痛・排尿困難に使用します。
●下半身の脱力感・腰痛に用います。疲れやすくて、手足が冷え、お小水が近く、ときに口が渇き、下半身に脱力感、痛み、しびれなどを訴える方に使用します。

【主治】
腎陽虚弱証(老化・夜閉頻尿・糖尿病)

●適応症:腎炎、糖尿病、インポテンツ、腰痛、脚気、前立腺肥大、膀胱カタル、高血圧、頻尿、排尿困難、むくみ、下肢痛、しびれ、老人のかすみ目、かゆみ、坐骨神経痛、血糖増加による口渇、動脈硬化、慢性腎炎、ネフローゼ、萎縮腎、浮腫、産後脚気、更年期障害、老人性の湿疹、低血圧、夜尿症、腎盂炎、脳出血、下肢の麻痺、脱力、スモン病(初期)、白内障、緑内障、眼精疲労、視力減退、老人性皮膚掻痒症、陰部掻痒症、湿疹、肺気腫、喘息、脱肛、便秘、耳鳴り

次の症状のいくつかある方は、八味地黄丸が良く効く可能性が大きいです。


【効能・効果】
疲れやすくて、四肢が冷えやすく、尿量減少または多尿で時に口渇がある次の諸症:
下肢痛、腰痛、しびれ、老人のかすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみ。

【成分】
八味地黄丸は、その名が示すよう主薬の地黄を中心に下記の8種類の生薬からなります。
地黄には、貧血症状を改善し元気をつける作用があります。
山茱萸や山薬にも滋養強壮作用があり、地黄の働きを高めます。茯苓と沢瀉は、水分循環をよくする生薬です。牡丹皮は漢方でいう「オ血」を治す生薬で、血行障害を改善し血のめぐりをよくします。
さらに、体をあたため痛みをとる桂皮と附子が加わります。
本品7.5g中、下記の割合の混合生薬の乾燥エキス1.75gを含有します。

日本薬局方 ジオウ(地黄)…6.0g
日本薬局方 サンシュユ(山茱萸)…3.0g
日本薬局方 サンヤク(山薬)…3.0g
日本薬局方 タクシャ(沢瀉)…3.0g
日本薬局方 ブクリョウ(茯苓)…3.0g
日本薬局方 ボタンピ(牡丹皮)…2.5g
日本薬局方 ケイヒ(桂皮)…1.0g
修治ブシ末(修治附子末)…0.5g
商品名ツムラ7八味地黄丸エキス顆粒(医療用)42包(2週間分)
適応症生命力の源「腎」の気を補う老化予防の妙薬
販売価格

3,275円(税込)

定価 3,275円(税込)