ツムラ76竜胆瀉肝湯エキス顆粒(医療用)189包(63日分)

体力がある方の泌尿器・生殖器の病気を治療する漢方薬

76

13,132円(税込)

定価 13,132円(税込)

購入数

商品説明

【商品説明】

処方名:竜胆瀉肝湯
読み仮名:りゅうたんしゃかんとう

●色が濃いおりもの、かゆみ、排尿痛に用います。
●湿潤した陰部の掻痒症(男女共に)で熱感の強いものに使用します。
●黄帯下を伴う陰部掻痒にも尿が濃く・イライラの激しい人の排尿痛に用います。
●ツムラ竜胆瀉肝湯エキス顆粒(医療用)は、尿道や膀胱、外陰部などに炎症(充血、痛み、腫れ)のある場合に用いられます。漢方ではこの炎症を下焦(げしょう)の湿熱といっています。尿が濁ったり、排尿時に痛む、あるいは出しぶる、その場合しばしば下腹部が重苦しいといった方、またそういう症状をよく繰り返すとか、ご婦人のおりもの(帯下(こしけ))にも適しています。
●肝経の実火と湿熱を瀉す目的で作られた方剤です。
●下焦の諸炎症で、充血、腫脹、疼痛を伴うものに用いられます。
●本剤は、一貫堂森道伯(いっかんどうもりどうはく)の創方による処方に基づいて作られたエキスを、飲みやすくエキス顆粒剤としたものです。
●本方は9種類の生薬から成ります。適応は肝経の湿熱つまり尿不利を伴う熱であり、これを瀉して治すことから、その主薬ならびに薬効より名付けられました(『臨床応用漢方処方解説』)。
 嵜Г稜擦いりもの、かゆみ、排尿痛に」用います。
∋藩兢紊涼躇:「色の濃いおりもの」などは熱証で、寒証には用いません。
●皮膚が浅黒く、手足の裏に汗をかきやすく、特に下半身の炎症に用います。

【主治】
肝経湿熱(急性結膜炎・中耳炎・高血圧・陰部掻痒)/肝経湿熱・実火治療の代表方剤/肝火上炎・肝胆湿熱
●適応症:尿路系炎症(腎盂炎、膀胱炎、尿道炎)、排尿痛、残尿感、尿の濁り、こしけ、膀胱カタル、膣炎、陰部湿疹、子宮内膜炎、陰部痒痛、バルトリン腺炎、陰部掻痒症、睾丸炎、外陰潰瘍、トリコモナス、ベーチェット病、ソケイリンパ腺炎、肝硬変

次の症状のいくつかある方は、竜胆瀉肝湯が良く効く可能性が大きいです。


【効能・効果】
比較的体力があり、下腹部筋肉が緊張する傾向があるものの次の諸症:
排尿痛、残尿感、尿の濁り、こしけ
※こしけとは、おりもののことです。

【成分】
竜胆瀉肝湯は、主薬の竜胆をはじめ、下記の9種類の生薬からなります。竜胆と黄ごん、それと山梔子は、熱や炎症をさます寒性の生薬です。木通、車前子、沢瀉は、漢方の利尿薬で、水分循環を改善し尿の出をよくします。これに、血液循環をよくする当帰と地黄、緩和作用の甘草が加わります。
本品7.5g中、下記の割合の混合生薬の乾燥エキス1.75gを含有する。
日本薬局方 ジオウ(地黄)…5.0g
日本薬局方 トウキ(当帰)…5.0g
日本薬局方 モクツウ(木通)…5.0g
日本薬局方 オウゴン(黄?)…3.0g
日本薬局方 シャゼンシ(車前子)…3.0g
日本薬局方 タクシャ(沢瀉)…3.0g
日本薬局方 カンゾウ(甘草)…1.0g
日本薬局方 サンシシ(山梔子)…1.0g
日本薬局方 リュウタン(竜胆)…1.0g
商品名ツムラ76竜胆瀉肝湯エキス顆粒(医療用)189包(63日分)
適応症体力がある方の泌尿器・生殖器の病気を治療する漢方薬
販売価格

13,132円(税込)

定価 13,132円(税込)